電子タバコのメリット・デメリット

紙巻きたばこから電子タバコに変える最大のメリットは、タールや一酸化炭素のような有害物質が発生しないことでしょう。なので、喫煙者の身体への悪影響の緩和や、受動喫煙や副流煙の減少が期待されます。しかし、電子タバコはどこにでも売っているわけではないので、気軽には購入できません。また、電子機器なので充電やメンテナンスが必要というデメリットもあります。このように電子タバコには、メリットもデメリットもあるのできちんと理解して使用しましょう。

電子タバコを始めるために必要なもの

基本的に電子タバコを始めるのに必要なものは4つあります。一つ目は、本体になるバッテリーです。ただ本体に電池が内蔵されているものといないものがあるので、電池が必要になる場合もあります。二つ目は、アトマイザーです。これによって、煙量や味が大きく変わります。三つ目は、充電器です。最後に四つ目は、リキッドです。リキッド1mlで紙巻きたばこ10本分もつといわれています。また、リキッドの液とアトマイザーの中に組み込まれているコイルは、消耗品ということを知っておくといいでしょう。

フレーバーの種類と選び方

電子タバコには多種多様なフレーバーがあります。ブルーベリーやグレープフルーツなどのフルーツ系のフレーバーが人気があります。その他にも、エネルギードリンクやコーラ、ミントなどのフレーバーもあります。フレーバーは個人によって好みがわかれるので、自分が気になったものを試してみるも良し、人気のものを試してみるも良いですよ。

vapeのタバコフレーバーは、多くの種類があり自分好みの味にする事が出来ます。爽やかさや清涼感、刺激感など様々な風味があります。